2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
石巻・大森夏祭り!
130824Ishinomaki-09.jpg


とっても遅くなってしまいました!
だって、書きたいことが多すぎて、
忘れたくないことが多すぎて。

アレアレアの石巻〜大船渡旅行記、
まずは石巻編☆
(長いのでご通勤、通学のお供に・笑)

ライブ写真はアレアレアのFBページへ♪
http://on.fb.me/18Pitke
(ログイン無しで見れます。)

→8/23(金)出発の日

この週の始めから、旅はもう、始まっていました。
大森のお祭りや、大船渡のh.イマジンで歌いたい歌をぎりぎりまで練習。
民謡、演歌、ジャズ、カンツオーネ、シャンソン、ボサノバ、
この旅で会える人の顔を思い浮かべながら、すでに楽しい時間♪

そんな風に歌の練習に没頭していたおかげで、出発日当日に、
ギリギリボリューム満点準備をすることに^^;
髪を切って、保険に入って、ユキちゃんとの音合わせをして
旅用品の買い足しを。
できれば横浜市長選の期日前投票に行きたかったけど、
お昼の雷雨で移動に時間を取られて、間に合わなかった。
(ごめんにゃさい)

滑り込みセーフで支度を整え、22時、今回のツアー車、
エビさん号に乗り込みました。

うん、乗り込んでしまえばこっちのもん。
(頼もしいドライバーさんがいるから^^)

さあ、旅の始まり~!

まずは、ゆきちゃんの家に向かう。
機材を積み込む。雨が降って来てあたふた。

東神奈川で同行メンバーを1人、鶴見辺りでさらにもう1人、
うふふ、旅の仲間が増えていく。

ここですでに、数個の騒動があったが、キリが無いから割愛。
私がETCを忘れたことが発覚したりして(ヒドイ)

とにもかくにも、無事首都高に乗り、一路東北道へ。

いつも車やバスの中では「今回こそは寝るのだ」と思うが、
テンションが上がって楽しくなって全然寝れない。笑

大森のみなさんにリクエスト貰っていた歌や、
練習していた歌を、iTunesで復習。

次の日の声の調子を考えて、とっても頑張って、寝る。
車の旅の中で一番難しいこと、かもしれない。

そうこうしているうちに(寝たのかしら?)、早くも
石巻の上品の郷、到着。

ああ、もうすっかり馴染みの道の駅。

ここに来ると、とある経験のせいで豚汁を食べたくなるのだけど
夏なのでさすがに欲しませんでした(笑)

今回ご一緒する仲間「かながわSUN」メンバーと合流。
馴染みの顔ぶれにもう一段、ホッとする。
なんとも言えないホーム感。
みんなの和やかな雰囲気に、
少し雨は降っていたものの、
お祭りの大成功を確信したのでありました。

朝ご飯を食べて、お昼ご飯を買って、
大森団地に向けて出発。

到着してみると、昨年と場所が変わって、
少しコンパクトになって、でもちょうど良い広さの会場。
そして昨年より大きくなっている舞台!

半年超振りの再会に、自然と声も大きくなって、
掛け合うご挨拶と笑顔に、喜びが心を浸す。

えーーん、嬉しいよう!!
こんなに元気で、みんなに会えるなんて。
いつまでも再会の喜びに浸りたい気持をぐっと抑え、
機材のセッティングとリハーサルに入る。
神戸から来られていた「寺子屋」さんに
一部の機材をお借りできることになり、とても助かる。

リハーサルが終わると急いで着替えを。
祭りだから、もちろん、浴衣!

1回目のステージは、開会式のすぐ後。
お祭りの成功を占う大事なトップバッター。

なんて気負いはあまりなく(笑)
暑い中ステージをじっと見てて下さる大森の皆さんに、
話しかけたり歌いかけたり、一緒に歌ったり、踊ったり!

ステージの上だというのに、とてもリラックスして歌えました。
ステージが畳だからでしょうか(笑)

リクエスト頂いていた歌を歌ったり(川中美幸さん♪)
宮城の民謡「遠島甚句」に挑戦してみたり(へたくそでゴメンね)
その私の甚句にあわせてみなさん踊って下さったり。
(次はもうちょっと上手く歌えると思う^^)

ただいまーーーって感じで歌えました、
やっぱりステージが畳だったからかしら(笑)

おかげさまで1回目のステージも無事終えて、
ステージをおりると、

一番最初の頃からアレアレアのライブを見に来てくれている
お父さん(大森のミッキー・カーティスと私たちは呼んでいる)が
声をかけてくれて、ここでも再会を確かめ合う。

昨年は「警備係」を楽しそうに勤めていたミッキーさん。
あれから少し病気もしたとのことだったけど、
すっかり良くなって、昨年よりもさらに元気そうになって
お祭りを盛り上げてくれてました。
なんといっても
ミッキーさんは女姓が大好きーーー笑
私たちの側を離れても、女性と見るや話かけ、
楽しそうにケラケラっと笑っている。
そんなミッキーさんをみながら、
私たちもとても幸せな気分になりました。

2回目のステージまで時間があったので、
控え室で休んだり、獅子舞やお祭りを楽しんだり、
大森のお母さん達と一緒にステージを見たり。

この日は朝の11時から夜の18時まで、
ずーーっとステージパフォーマンスがあったのですが、
その間ずーーーっと、大森の方達は、
ステージ側のテント席とはいえ、
本当にずーーっと、みんなのパフォーマンスを見ててくれてました。
優しいよねぇ・・暑かったと思うのですが・・
ありがとうございます。涙

そして迎えた2回目のステージ。
「もうみなさん疲れているだろうから、
そろそろお家に帰ってもいいんだよーー」って
内心思いながら立ったステージ。でも、
誰1人席を立とうとしないで、かわらずに私たちを見てくれている。

涙が出そうになる。

2回目のステージも、リクエストを中心に。
第4団地から来て下さった今年82歳というスーパー歌うたいの
お母さんをステージに引っ張り上げて一緒に歌ったり。

SUNのイケメンメンバーさんにエスコートされて
とっても嬉しそうでした^^♪

お子さんがキュートな愛犬をステージに連れて来てくれて、
なでなでさせてもらったり^^

そしてかながわからの贈りもの、「笑顔に会いたい」

最後に、みなさんが輪になって踊ってくれた「二輪草」
これは圧巻だったなぁ。

最後には盆踊りを、大森のみなさんと、
支援団体のみんなで、踊りました!
踊りの上手な方をお手本に、
知らない音頭も踊ってみました。

「これぞ日本の夏だね〜」なんて思いながら^^

それにしても、
あいかわらず面白くて機転が利いて、
心優しきSUNのメンバー。
大森の方達とこんなにも心を通わせて、
信頼を得て、すっかりお友達か親戚のようになってて。
お祭りのアレアレアの出演の打ち合わせもほぼ任せっきりで、
全部段取ってくれました、頼もしいチーム。
ありがとうございました!

前日の準備、翌日のあと片付けも、
一部のメンバーが残って手伝っていました。
「一度支援でつながった場所には、行き続ける」
「住民の方に迷惑をかけない」
「双方にとって本当に大切なことは何か、
答えはないかもしれないけど、きちんとみんなで考える」

アレアレアもそんな風にありたいなと思って活動していますが、
全く同じ志を持って活動するメンバーです。
今回ご一緒して、改めてその思いの強さや、愛を、
感じました。並にできることじゃ、ないと思うの。

お祭りも無事終わると、寂しいお別れの時間。
「またね」のハグをして、言葉を交わして、
名残惜しいのをぐっとこらえて、車を出しました。

みなさんの弾けるような笑顔と、高らかな声が、
いつまでもいつまでも体に残ってて。
今でもまぶたの裏に残ってる。

今度は、集会場で近い場所で一緒に歌ったり踊ったりしたいなって、
そしてみなさんの歌も聴かせてもらったり、
踊りを教えてもらったり、
もっと近くでワイワイしたいなーーーって。
笑ったり泣いたり、ハグしたり。
そんなことを、思いました。

大森のみなさん、本当にありがとうございました!

そして、この日の宿は「サンファンビレッジ」

2段ベットなのだけど、新しいのでとてもきれいで、
ご飯も学食みたいだけど美味しくて、
遅くまで食べさせてくれて、
受付の方の心遣いも素晴らしく、
お庭や眼下に望める復元中の「サンファン号」もなんだか
夢の世界に連れて行かれるようで、申し分ない宿でした。
我ながらいい宿見つけた^^

また、来るね。
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

チームぽかぽか

Author:チームぽかぽか
お洋服、美容、音楽、カフェ、美味しいもの、おしゃべり。人と人とのつながりと心のケアであったかほっこりしてもらおう。ボランティアチーム「チームぽかぽか」の目指す活動です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。